その場所へ行ってみよう

実際に足を運んでみた時には、これらの項目に気を付けて歩いてみましょう。意外と見落としているところがあるかもしれませんよ。 何が大切かは人それぞれですが、とりあえず多くの人に当てはまる一般的なものを集めました。基本のチェック、きちんと行いましょう。

最寄り駅に行ったときに見たいポイント

最寄り駅の状況も、周辺環境を左右する重要なポイント。駅に行ってみることも大切です。住みやすい駅はこんな駅。逆に住みにくい駅も存在するので、注意が必要です。 実際に歩いてみたら、あなたの駅はどうでしょうか?これらのことに気を付けていきましょう。

その他の豆知識や子育てに便利な場所

他にも調べると便利なことや、いずれこの家で子育てをしたいと思う人がチェックすべきポイントなど、様々な豆知識をまとめてみました。子供たちも、安全に楽しく大きくなってほしいですよね。どんなことに気を付けるべきでしょうか。また、必須ではなくてもチェックすると便利なことはどんなことでしょうか。

これをチェックしながら歩こう

夢のマイホームを建てるには、その周辺環境もとても大切です。これから一生住むわけですから、やっぱり良い所に住みたいですよね。
ここでは、そんなマイホームに大切な周辺環境のチェックポイント、下見の仕方などをまとめてみました。ぜひ一度、これを読んでから足を運んでみてください。
まず大切なことは、不動産屋さんと来るときとは別の時に、自分たちだけで一度その場所に行ってみることです。不動産屋さんと一緒の場合は車で直接向かってしまうことが多いので、実際に公共機関と徒歩で、その街の環境をじっくり知る時間も必要です。
その際には、最終候補地だけでいいので、日にちや時間を変えて行ってみることをお勧めします。特に、平日と休日、昼と夜ではだいぶ街の雰囲気も変わってくるものです。その変化を確認しながら、ここに住んでいけるかどうか確認しましょう。何度か足を運んで、にぎやかさや安全面、騒音などがないかどうかなどが重要です。
夜遅くまで開いている飲食店が多い場合の夜の安全性、逆に夜になると人が誰もいなくて危険なことはないのか、休日は休んでいる工場の騒音などは大丈夫かなど、時間帯によって確認することは様々です。女性の場合は特に安全面について重点的に確認していくことが大切でしょう。死角となる場所はないか、暗くて危険な場所が駅からの途中にないかなど、事件を住居選びの段階で未然に防いでいけたら良いですよね。
実際に暮らしてみないと分からないことも多々ありますが、少しでもそのギャップは抑えたいもの。暮らしやすい毎日に必要な物はなんでしょうか。